Bob Dylan@Zepp Tokyo ボブ・ディランのこと

223月 - による black999 - 0 - ライブ

Bob Dylan@Zepp Tokyo

日曜日、陽も明るい15:00に渋谷へ。そしてZEPP Tokyoへ。
館内に入って驚く。ステージきわめて近し。なるほど。こういうことですか。
こんなにですか、という感想を持つ。館内ではDylanにどういう関連があるのか分からないような曲が流れている。
17:00を少し過ぎるとDylanが現れた。
舞台から真ん中少し右寄り、キ−ボードのところに現れた。1曲目、何の曲か分からない。どうやらWatching The River Flowのようだ。最後のフレーズで理解する。しゃがれてはいるがとてもいい声だ。

ほぼすべての曲がその様で、Mr.Tambourine Manなどは聞いたことのないメロディになっていたが、これもまた非常に美しい。音の感じとしては全般的にギターなど少し高音が強い気がした。アコースティックギターは良い音だった。

ステージが近いとはいえ、それはドームやアリーナと比べればだ。
カメラ映像などないので表情はうかがい知れず。

新しめのアルバムから多いようだが
(”Time out of mind”,”Together through Life”,”Love and Theft”)
わたしは”Love and Theft”しか持っておらず。
ひそかにPo’ boyなど期待していたのですが。
しかし何の問題もなく。
恐らくDylanのライブはいつもすべて新曲のような雰囲気なのだろう。抜いた感じのレゲエ風なオルガンが印象的なShelter From The Stormが良かったな。それと楽器を持たないDylanがマイクの前で少し動いて歌うのがとても良かった。

それにしてもこんなにもアルバムとライブとでアレンジが代わり、
(歌い方まで!)しかもそれが全て良いのだからたまらない。
しかも今も現役でツアーしている。
ディランのライブを見続けているだけの職業があってもおかしくない。
職業はまずいか。そういう仕事。一つのことに打ち込めるという。
そういうことでしょうな。日本的に言うところのディラン道(ウェイ)。

これから観に行く人たちに「いいなぁ」、と思ってしまうのは何故だろう?

関連リンク

http://www.bobdylan.com/#/tour/2010-03-21-zepp-tokyo

01. Watching The River Flow
02. Don’t Think Twice, It’s All Right
03. I’ll Be Your Baby Tonight
04. Sugar Baby
05. Tweedle Dee & Tweedle Dum
06. Shelter From The Storm
07. Summer Days
08. Tryin’ To Get To Heaven
09. Cold Irons Bound
10. Mr. Tambourine Man
11. Highway 61 Revisited
12. Not Dark Yet
13. Thunder On The Mountain
14. Ballad Of A Thin Man

15. Like A Rolling Stone
16. Jolene
17. All Along The Watchtower

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です