我が愛しの(Just Like) Starting Over

278月 - による black999 - 0 - 2005

一時間ほど下北のスタジオに行き、「(Just Like) Starting Over」を練習しようとするが、
曲の歌詞、キー、コード、構成、あるいは振り付け、概念などなどをきちんと理解していないために目茶目茶になり、結局「のっぽのサリー」を歌いまくって終了となる。暗くなると「青い部屋」で催されている「BLUE VELVET vol53.」へ。ナベジ殿のプレイを見たかったのだが終わっていた。ガッカリしていると、ちょうど舞踏が始まる。美女の舞踏はいつ見てもいい。続けざまにLOADEDと名乗る野獣5人組が登場する。同じコードの繰り返しでジャム的に演奏される1曲目と最後の曲が格好いい。その後は秘密の小部屋で「悪徳の栄え」について議論を行う。血の色をしたワインなども馳走になり、疾風怒濤のうちに夜は更ける。
帰宅後、「Starting Over」のコードを調査したところ、Aの+5だ13だ、というものを使用することが判明する。しかもCD音源はフラットしていた。表記するとAb+5 とかとなる訳で

「Ab+5?」
わたしは窓を開けるとタバコに火をつけ、もうじき明けそうな空を見た。
「いいや、何もなかったことにしよう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です